スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


石原知事「亀井はニヤニヤ笑っていると思う」(産経新聞)

 東京都の石原慎太郎知事は11日の定例会見で、菅直人首相について「かつて国旗国歌法に反対した。演繹(えんえき)すると、天皇制にどういう考え方を持っているのか分からん。メディアが総理に問うてもらいたい。彼が(国旗国歌を)否定するなら、私は総理を否定する」と述べた。会見の詳報は以下の通り。

 「冒頭、私から申し上げることはございません。質問があったらどうぞ」

 −−菅直人新内閣が世論調査で60%を超える高い支持率になったが?

 「国民が新しい政権に期待をするから、支持率も上がったのでしょう。つまり失望転じて。国民の期待に応えるべく、さまざまな努力をしてもらいたいと思います」

 「私が心配なのは、菅君はかつて国旗、国歌を決める法律に反対しましたな。ということは演繹すると、天皇制についてどういう考え方を持っているのかよく分からん。しかし天皇を否定するんだったら認証式に行けるわけないんだしね」

 「一国の元首、リーダーが自らの国の国歌、国旗に敬意を表さない。特に国旗というものに対する総理大臣の姿勢っていうのはね、国歌もそうでしょう」

 「一国の総理大臣が…例えば自衛隊の観閲式。私は練馬の駐屯地に行きますけども、国旗を掲揚するときに起立して敬意を表しますな。新総理大臣がそれをするのか、しないのか。みんなで国歌斉唱するときにするのかしないのか。そこはとても問題。…多分するでしょう。若気のいたりであって、頭かぶるならそれでよしとするんじゃないか」

 「やっぱり、そういうものを払拭(ふっしょく)してもらわないとね、根本的で漠然とした疑念、不安を国民は感じる。私は国全体にとって不幸なことだと思いますから」

 「議会でも問題になるかもしれない。その前にメディアの諸君が総理大臣に問うてもらいたいね。彼は今の立場ではっきり(国旗国歌を)否定するなら、私は総理大臣を否定します」

 −−参院選の日程がほぼ固まったが明確な争点が浮かび上がっていない

 「いや、私は懸念する問題がいくつもあります。消費税を含めた増税の問題。あるいは日本の企業存立、外資、外国の企業の誘致のためにも高すぎる法人税を安くする問題もあるでしょう。いずれも日本の財政の根幹から揺るがしかねない大きな問題です」

 「参議院の選挙という第2の選挙とはいえ、選挙になるとみんな足がすくんで先送り、次の選挙ということになるんだけども。どの程度、議論が尽くされるか分かりませんが日本の財政はまさにがけっぷち。みんな安閑としてるけどね」

 「ギリシャがあんなこと(財政破綻)になったけどスペイン、ポルトガルも危ない。日本の信用度もあれら国の国債と同じぐらいの位置まで来たんじゃないですか。日本の財政は、破綻(はたん)したらあっという間に転落しますよ。その時にあわてても仕方ないんで、今から多少の犠牲、覚悟で(対策)する。そういう啓蒙(けいもう)をせっかくの国政の選挙なんだからやってもらいたいね」

 「それから枝野(幸男・民主党幹事長)君はうまく逃げちゃった。彼自身が弁護士だから問題は認識してるんだろうけども。日本に長く住んでいる外国人ね、これだけ日本も世界もコンパクトになった時代に、地方のイベント、政治が国の運命を左右しかねない。再三言ってきたことだけど。原発の誘致、自衛隊の基地…そういった問題を地方の選挙というものにかまけて決めるということは私は危険だと思うし、そこに外国人が、背後にある自分の祖国の利益を背負って参加するということは論外の話」

 「日本人はちょっと鈍感になりすぎたね。平和におぼれて。だってそうでしょう。北方四島、竹島、それから尖閣。みんな日本の固有の領土じゃないですか? 2つは獲られっぱなし。しかもハーグの国際裁判所に上げたら明らかに日本が勝つんだ。負けるのが分かってるから相手の国は出てこないんだよ」

 「尖閣の問題もハーグで提訴しようと思ったら、肝心のアメリカが『尖閣は沖縄として返したが、主権がどこにあるかおれたちは知らねえ。お前らで考えろ』って。こんな友好国ってありますかね? そんな問題もこの選挙の時に…なかなか争点になりにくいだろうけど、国民に認識してもらいたいね」

 −−菅首相に求めることは?

 「いろんな問題ありますが、さしずめ明日、明後日にかかる問題は財政。財政再建のため還流性のない支出を考え直すべきだと思うし、消費税、法人税の問題もプラス・マイナスあるでしょうけど考えてもらいたいと思いますね」

 「それから色んな危機が日本に迫っている。領土の問題だけじゃなくて、経済そのものが揺らいできて、どんどん日本の経済面におけるプレステージも落ちてる。これをどうリカバーしていくか、復活させていくかということも考えてもらいたい」

 「日本の技術は大変なもの。さっき報告を受けたけども、東京の下水道局がある企業と一緒に開発した。増水したゴミを含んだ雨水をどうやってコントロールする(か)非常に簡単な機械を考えた」

 「これはドイツから引き合いが来て、数万個の発注契約ができそうなんです。世界の情勢を調べて、うちにはこういう商品がありますよっていう売り込みを、都もやってますが、本当は国がやらなきゃいけない。通産省(経済産業省)なんてお高くとまってるかも知らんけどね、大企業の下を支えている中小企業に色んなノウハウがあるんですから。日本の大企業のためだけじゃなく世界の人たちに。…発展途上国も色んな状況があって、地政学的に違いますから、ニーズがあるものとないものとありますけど、世界全体で売れば、世界も助かるし日本も助かる品物はいっぱいある」

 「国はそういったものの商品化を促進して、世界に広める努力を全くしない。ほとんどしない。何でこんなことやらないのかという事例たくさんありますよ。アニメーションだってそうじゃないですか? 僕は漫画はあまり好きじゃないんだ。だけど、そんなに人気があるならってフェアをやり出したら大もうけになったじゃない。本当は国がやるべきことだよ、さっさとね。役人はバカにしてるんだ。『おれは漫画なんか読まない』って。それはそれで結構なんだよ」

 「だけど世間で人気があり、世界でも人気がある。日本のアニメーションを世界の子供が主人公の名前まで覚えて、争って眺めてる時代に、その国際的な商品価値を何で国は分からないかね。やっと分かってきたみたいですけど」

 −−菅首相と直接会って何か提案する気はあるか?

 「いや別に今、案件ありません。個々の問題については担当の大臣がいますから。ただ僕は菅さんにこの間、言ったんだ。『日本の会計制度を変えてくれ。財務諸表がない国は日本しかないんだ』って。だからああやって事業仕分けせざるをえないんでね。財務省の意見を取っ払ってきちっとした複式簿記発生主義の会計制度を入れないと、いつまでたっても表から眺めてるだけでは無駄は分かりませんよ」

 「それから絶対、国も民主党を支えている組合にも外部監査入れなきゃだめです。何に使われてるか分からないの一杯あるんだ。人事院勧告なんてしれたもんでね。外部監査やって、東京みたいに監査人が指摘した問題を1年後にどうなっているかまでちゃんと追及する。そういう制度を作ることで、初めて開かれた政治になるんじゃないですか? 日本は会計の上では全く閉じられてますよ。こんなに、ものの見えない国はありませんよ」

 −−できるだけオープンにするべきだと…

 「できるだけじゃない。うんっとオープンにしてもらいたい。どこの国もやっていることをやってもらいたい」

 −−亀井静香郵政改革・金融相が辞任し、民主党にぎくしゃくする種が生まれたという見方もあるが…

 「全然違うね。ぎくしゃくしてないね(笑)。亀井はニヤニヤ笑っていると思うね。したたかだよ、あいつは。私の兄弟分だったけど。手玉に取られてるんじゃない? 民主党の方が」

 「選挙終わった後、臨時国会開いて、そこで優先的に特定郵便局の法律は通しますよと言ったら、選挙に拍車かかるでしょう。決まった後よりもその方がよっぽど効果あると思うね。亀井、なかなかやるよ」

【関連記事】
「生活の安全は都政の基本」 石原知事、消費者行政強化を強調
財政再建の前進を阻む…菅首相と財務省のビミョーな関係
「イラ菅」炸裂 就任4日目で我慢の糸プチッ
所信表明演説 「反省」なき現実路線
菅首相、亀井氏辞任表明の際「ぐっすり寝ていた」 
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

りそな銀2.5億円納付漏れ 印紙税、3年で60万枚分(産経新聞)
<はやぶさ>ヘリ捜索隊、カプセル発見…豪の砂漠に着地(毎日新聞)
賢明な決断、イランに求める=岡田外相(時事通信)
デンマークの認知症ケア 29日にシンポジウム(産経新聞)
郵政法案は「臨時国会で」 民主・輿石氏(産経新聞)

JR新快速の速度計が故障 兵庫・姫路、影響8700人(産経新聞)

 31日午前7時25分ごろ、兵庫県姫路市のJR山陽線英賀保−姫路間で、走行中の上郡発野洲行き新快速電車(12両編成)の運転士が、速度計の故障に気づいた。電車は姫路駅で運転を取りやめ、乗客約1200人が後続の電車に乗り換えた。

 JR西日本によると、速度計の針が加速しても80キロで引っかかり、動かなかったという。

 この故障で、上り6本が最大13分遅れ、通勤・通学客ら約8700人に影響した。

【関連記事】
JR防護無線を“ワープ”させた「スポラディックE層」って何?
電離層?列車無線10キロ先で誤受信、JR1万人影響
JR四国社長に泉氏 6月就任、松田社長は会長
新会長はJR九州の石原氏 九州観光推進機構
等身大ガンダム ただいま“建造”中 JR東静岡駅前
iPadが上陸

どの乳酸菌飲料をよく飲んでいますか(Business Media 誠)
鳩山政権「空白の8カ月」…深刻な機能不全の象徴(産経新聞)
「撮り鉄」会社員を書類送検=線路内に三脚、JRに遅れ―「警鐘も目的」と奈良県警(時事通信)
<鳩山首相退陣>表明から一夜、気分は「今日の天気のよう」(毎日新聞)
薬局経営者殺害、男に無期懲役=求刑は死刑―別の強盗殺人で服役中逮捕・大阪地裁(時事通信)

イオン 「海のエコラベル」水産物、22日から販売(毎日新聞)

 イオンは「国際生物多様性の日」の22日から「海のエコラベル」の付いた紅鮭(べにざけ)や明太子(めんたいこ)などの水産物をジャスコなど全国のスーパー約1200店で販売する。

 海のエコラベルは、英国の非営利団体「海洋管理協議会(MSC)」が発行。いつまでも魚を食べ続けることができるように、水産資源の保全に配慮した漁法で取った水産物が認証される仕組みだ。

 イオンは生物多様性保全の取り組みを強化するため、エコラベル商品を従来の3品目から7品目に拡大、売り上げアップを目指す。生き物の大切さをお客さんに知ってもらうことが、鮮魚売り場の盛り上がりにもつながりそう。【工藤昭久】

【関連ニュース】
イオン:中国の地震被災者に復興支援金
規格外野菜:2〜5割安 ジャスコ野田阪神店
野菜高騰:イオン、ダイエーなどがセール 2〜6割引きに
赤松農相:規格外野菜の販売視察 イオンは全国で安売りへ
規格外野菜:名古屋のジャスコ3店舗で実験販売 人気集中

福島氏、訪沖「社民党党首として」強調(産経新聞)
外交文書30年で原則公開、廃棄・非公開は新委員会で決定(産経新聞)
<普天間移設>首相に知事冷ややか 訓練分散賛同は大阪のみ(毎日新聞)
<窃盗>アスパラガス144本盗んだ容疑 畑の所有者が男取り押さえる(毎日新聞)
<囲碁>史上最年少棋士の藤沢初段黒星デビュー(毎日新聞)

奈良の連続婦女暴行事件、養護学校侵入男を逮捕へ(産経新聞)

 奈良市内の養護学校に窃盗目的で忍び込んだとして、建造物侵入罪などで逮捕、起訴された奈良県生駒市の無職の男(27)のDNA型が、同県北部で平成20〜21年に連続発生した婦女暴行事件の現場で採取された遺留物のものと一致していたことが15日、捜査関係者への取材で分かった。県警は強制わいせつ容疑などで、近く男を再逮捕する方針を固めた。

 捜査関係者によると、奈良市や生駒市で20〜21年に、女子大学生や女性会社員が夜間、男に路上や自宅で刃物を突きつけられるなどして脅され、わいせつな行為を強要される事件が少なくとも5件発生。現金を奪われた被害者もいた。

 犯行手口や男の特徴が似ていたことなどから、県警は同一犯の可能性が高いとみて捜査を開始。これらの現場に残された遺留物を鑑定したところ、無職の男のDNA型と一致したという。

 起訴状によると、この男は今年3月23日未明、奈良市七条町の県立奈良養護学校の保健室に窓ガラスをドライバーで割って侵入。事務机の引き出しを開けるなどして金品を物色していたが、防犯センサーに感知されため何もとらずに逃走したとされる。男は「金がほしかった。生活費にしたかった」と供述しているという。

【関連記事】
遺体から睡眠導入剤検出、同成分の薬押収 大阪袋詰め事件
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃
経理女性3億2400万円横領、使途は本当にアレだけ?
少子化を止めろ!

<雑記帳>イケメン演歌歌手の山内恵介さんが一日根室署長(毎日新聞)
「JAYWALK」中村被告に猶予判決(読売新聞)
"体制維持こそ重要” 崩れつつある米の対中戦略(産経新聞)
日中韓首脳会談5月29・30日、正式決定(読売新聞)
閣議了解拒否、首相に伝える=普天間県内移設―社民党首(時事通信)

江戸川区の名産品「小松菜」使った新商品開発(産経新聞)

 東京都江戸川区松島の区民施設「グリーンパレス」は、区の特産品、小松菜を使った「小松菜の浅漬け」を開発した。7〜9日に同施設で開催されるイベント「江戸川区名産 小松菜を楽しむ3日間」で販売される。1日200パックの限定となり、1パック150グラムで価格は320円。

 区によると、小松菜の浅漬けは野沢菜漬けに似た味。漬かりやすいために日持ちがせず、農家が自家消費用につくることはあるが、商品化されるのは珍しいという。

【関連記事】
第6回埼玉ご当地グルメ王に川島町の「すったて」
安い!うまい!手軽! 実は最強の食材な缶詰
「高騰に対抗」と野菜を大放出セール 千葉・浦安のダイエー
オール県産、やさしい味…六甲みそ 六甲味噌製造所
サラリーマン“牛丼放浪記” 格安戦争、実際のお味は?

女性遺体 「物置に置いた」元夫が供述 静岡・御殿場(毎日新聞)
ワカメ産地偽装で前社長を逮捕=中国産を「鳴門産」−徳島県警(時事通信)
東国原知事が小沢幹事長と会談、話題は…(読売新聞)
アパート火災 女性1人死亡 千葉(産経新聞)
<としまえん>「フライングカーペット」から少年転落し負傷(毎日新聞)

トミカ博 「40年の歴史」展示 大阪で開幕(毎日新聞)

 今年で発売40周年になるミニカー、トミカを大々的に展示する「トミカ博 in OSAKA」(毎日放送など主催、毎日新聞など後援、タカラトミー特別協力)が23日、大阪市住之江区南港北2のATCホールで始まった。来月5日まで(26〜28日は休み)。

【写真特集】プラチナに漆塗り 限定トミカを写真で

 テーマは「40年分の歴史が、ぜ〜んぶわかる!」。1970年製の初代トミカや、純プラチナを使って当時人気だった「日産フェアレディZ」を再現した210グラムもある「プラチナトミカ」(非売品、参考価格700万円)などを展示している。

 会場では、来場者の選んだパーツからミニカーが出来上がる「トミカ組立工場」や、魚釣りのようにミニカーをつり上げる「トミカつり」などのアトラクションが人気を集めていた。午前10時〜午後4時半。中学生以上900円、小学生以下700円、2歳以下は無料。事務局(06・6325・5777)。【川畑展之】

【関連ニュース】
【写真特集】トヨタ2000GT:幻の名車、銀座を疾走 ミニカー発売会見
【写真特集】歴代フェアレディZを写真で見る
【写真特集】日産:フェアレディZロードスター
【写真特集】東京モーターショー:最高速325キロ! レクサス「LFA」世界初公開

衆院選定数訴訟できょう判決=高裁9判断出そろう−札幌(時事通信)
俳聖が句心かきたてた「おくのほそ道」をぶらり(産経新聞)
両陛下が「桜保存林」ご視察(産経新聞)
政府がIT戦略素案(時事通信)
信号無視、パト追跡後に衝突…双方の4人死傷(読売新聞)

<小沢幹事長>両親「偲ぶ会」に2500人 権勢誇示指摘も(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は18日、地元の岩手県奥州市水沢地区で、後援会関係者ら約2500人(主催者発表)を体育館に集め、父佐重喜氏、母みち氏の「偲(しの)ぶ会」を開いた。鳩山内閣の支持率が急落し、小沢氏の辞任を求める世論も7、8割に達する中、年忌法要でもない時期の大法要は、143人の議員団を率いた昨年の訪中や、自宅に166人の議員を集めた今年の新年会と同様「数の力」を頼む権勢誇示との指摘もある。小沢氏は法要で「本当に最後の総仕上げ、最後のご奉公だ」と強調したが、地元という自らの「原点」で示した強気の陰には、追い詰められた権力者の孤独もかいまみえる。

 ◇地元も揺らぎ、「数の力」に頼る

 「何としても日本に民主主義を定着させ、国民生活を末永く安定したものにする。私も残りの人生を頑張ってまいりたい」

 小沢氏は偲ぶ会でこう語り、支援者一人一人を握手で見送った。小沢氏の意向で法要には地元以外の国会議員は呼ばれず、達増拓也岩手県知事と今夏改選の2人の地元参院議員が指名を受けて焼香した。小沢氏に近い党幹部は「『お前たちは地元でこれだけ集められるか』という、党内へのデモンストレーションだ」と解説する。

 小沢氏は95年3月、今回と同じ水沢体育館で母みち氏の葬儀を営み、約4000人を集めた。94年暮れに新進党を結成したばかりの小沢氏にとって、1カ月後の統一地方選と夏の参院選に向け、幹事長として力量が問われる正念場だった。

 葬儀には小沢氏が岩手県知事選への擁立を主導した増田寛也氏も参列。統一地方選で増田氏は初当選を果たし、95年参院選で新進党は40議席を獲得し改選議席を倍増させた。この時の勝利が念頭にある小沢氏は、今回の法要も「水沢体育館でやれ」と指示。今月12日の記者会見で「(地元に)僕が行けば必ず数千人集まる」と強調していた。

 しかし、小沢氏を取り巻く状況は厳しさを増している。20日にも自らの資金管理団体を巡る事件で検察審査会の議決がでる可能性がある。21日には党首討論、22日には鳩山由紀夫首相の元秘書の政治資金規正法違反事件の判決というハードルも控える。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の混迷で首相と小沢氏が退陣する「5月政変」の可能性もささやかれる。

 初当選以来小沢氏を支援してきた地元後援会関係者でさえ「水沢でも『何でもっと身の回りをきれいにしねえのや』と言う人もいる。法要に誘っても足踏みする人もいた。足元が崩れかかっている」と疲れた表情で語る。

 小沢氏が師と仰ぐ故田中角栄元首相は、ロッキード事件の1審有罪判決後、竹下登蔵相(後に首相)の父親の葬儀に国会議員約100人を率い、チャーター機で島根入りした。逆境をはね返そうと強気に出る姿は、「訪中」「新年会」「大法要」と一連の行動で数に頼る小沢氏と重なって見える。

 ◇「誰にも相談しない」

 しかし、なぜ両親の法要なのか。小沢氏は68年に死去した佐重喜氏について「親しみというか、父子の情愛というか、そういう情緒的な思いは、あまり持っていなかった」(80年出版の「人間小沢佐重喜」への寄稿)と語っている。

 「最後の奉公で頑張る」(小沢氏)とした07年参院選前の4月、小沢氏は鹿児島県の故二階堂進元自民党副総裁の墓前で手を合わせた。昨年8月の衆院選直前にも、父佐重喜氏の墓参りの後、郷土出身の原敬元首相の墓参りをしている。

 「何か決める時、小沢さんは誰にも相談しない」(側近議員)。小沢氏にとって、ここぞというときに頼れるのは物言わぬ「仏」だけなのかもしれない。【念佛明奈】

【関連ニュース】
民主党:参院幹事長「暫定税率を維持」…環境と整合性なく
小沢幹事長:衆院選マニフェスト見直さず
小沢幹事長:後援会が地元で18日、両親の「偲ぶ会」
米国:「事務所に問い合わせて」 小沢氏訪米中止で国務省
小沢幹事長:5月の訪米見送り

元阪神・掛布さんの自宅、競売開始を決定(読売新聞)
「地球は想像以上に美しい」 山崎さんらが宇宙会見(産経新聞)
“豪快”三宅雪子氏に与野党どよめき(スポーツ報知)
<天下りの塔>事業仕分けにため息…農水26法人が入居(毎日新聞)
舛添、東国原氏あす会談(時事通信)

「たちあがれ日本」 再編の核、要は参院選 「保守」「若手」…結束カギ(産経新聞)

 新党「たちあがれ日本(にっぽん)」にとって喫緊の課題は夏の参院選への候補者擁立だ。だが、理念の違いが指摘される平沼赳夫代表と与謝野馨共同代表の間で擁立方針をめぐって軋轢(あつれき)が生じる可能性がある。また、結党時メンバーの平均年齢が高く「シルバー政党」のイメージが強いため若手擁立も欠かせない。政界再編の核になるための議席数確保には候補者の質だけでなく人数も重要。15日から始まる候補者擁立作業で、これらの難題を乗り越えられるかが同党の最初の試金石となりそうだ。

 同党の綱領は、平沼氏の政治信条である自主憲法制定と、与謝野氏の持論の安心社会実現が記され、両氏のカラーを混合したものだ。ただ、平沼氏が好む「保守」の言葉がないのは、与謝野氏が抵抗感を示してきたことが影響しているようだ。

 新党結成にこぎ着けることを最優先した結果、綱領や政策では深刻な対立に至らなかった両氏だが、「保守」をめぐる立場の違いが候補者擁立にあたって亀裂に発展する可能性はある。

 平沼氏は10日の記者会見で「保守の力」の結集を訴えた。実際に、平沼氏が同日に擁立する考えを示した中山成彬元国土交通相(66)や独自の「平沼新党」の結党メンバーとして検討していた田母神俊雄元航空幕僚長(61)も「保守派」の人物。これに対し、与謝野氏サイドの擁立は出遅れており、橋本大二郎前高知県知事(63)の名が挙がっている程度だ。

 同党は比例代表に10人以上、さらに、東京、大阪など改選3議席以上の選挙区にも擁立を目指すが、候補者選定が平沼、与謝野両氏の主導権争いの場となり、バラバラの選挙戦に突入する可能性をはらんでいる。

 「たちあがれ」は、政党助成法上の政党要件ぎりぎりの5人で結成した。しかし、中川義雄参院議員は参院選に不出馬の意向で、参院選では1人以上の議席獲得が条件となる。さらに「健全な批判勢力を参院につくる」(与謝野氏)ためにも、単独の参院会派を結成できる5人以上の参院議員がほしいところだ。

 また、「シルバー政党」脱却も課題だ。「平沼グループ」の小泉龍司(57)、城内実(44)の両衆院議員や、与謝野氏の側近だった後藤田正純衆院議員(40)らは参加を見送ったが、幅広い支持を得るためには、若手擁立がカギを握っている。

ガス田開発など協議=日中首脳が会談(時事通信)
<地震>新潟・胎内市で震度4=午後4時38分(毎日新聞)
長官銃撃概要の警視庁HP、アレフが削除申出書(読売新聞)
タイ衝突で死亡の村本さん遺族、バンコクへ出発(読売新聞)
「母親は偉大」…「育休」中の東京・文京区長(読売新聞)

橋下知事「パー券、今後は断る」 誘致パラマウント窓口の購入(産経新聞)

 エキスポランド跡地(大阪府吹田市)への米国映画大手「パラマウント・ピクチャーズ」によるテーマパーク誘致の窓口になっている投資会社の社長が、大阪府の橋下徹知事後援会主催のパーティー券を購入するなどしていたことに絡み、橋下知事は2日、「今後はパーティー券購入と会費をもらうことは断る」と述べた。

 跡地の活性化策について公募することを表明したためで、橋下知事は「公募をすると決めたので、疑われるようなことはできない。(公募で採用される活性化策が)決まるまでは距離をおくことにした」と説明した。

 しかし、社長がこれまで購入したパーティー券2回分(計2万5千円)とすでに支払われている後援会費6千円については「問題ないので、返さない。それをやると問題がないのに返す普通の政治家と同じになる」と述べ、返金しない考えを示した。

【関連記事】
任命式に国歌斉唱導入、橋下知事「声が小さい!」
橋下知事の大阪都構想“地獄の道” 市議会自民が勉強会
橋下知事のマニフェスト採点「公開を」 大阪府情報公開審が答申
橋下知事「申し訳ない」 府立高教頭の大麻所持
橋下知事もママチャリで“参戦” 第2京阪で開通イベント
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

GW長い休み取りやすい、海外旅行4・3%増(読売新聞)
新規2型糖尿病治療薬ビクトーザ、4月保険適用は見送り(医療介護CBニュース)
<大麻所持容疑>大阪府立高教頭逮捕、学校も捜索 奈良県警(毎日新聞)
一時保育の規制緩和を国へ申請 横浜市長が明かす(産経新聞)
スーツケース遺体 男が出頭、関与ほのめかす…石川県警(毎日新聞)

水俣病 和解へ…闘いに苦渋の決着(毎日新聞)

 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」が28日の原告団総会で熊本地裁の和解案受け入れを決め、3万人以上に上るとみられる未認定患者の救済問題は決着へ向かうことになった。ただ、「ノーモア・ミナマタ」を掲げて4年半にわたる裁判を闘った原告らは、和解案受け入れの決断に複雑な思いもにじませた。【西貴晴、結城かほる】

 ◇国は真に謝っていない/生きているうちの救済を

 「反対の方は挙手を」。総会が開かれた熊本県水俣市総合体育館。原告1050人の中で、第1陣原告の男性(83)だけが手を挙げた。「原因企業のチッソや国が、真に患者に謝っているとは思えなかった」からだ。

 男性は戦前に水俣に移り住み、旧国鉄水俣駅で働いて定年を迎えた。手足の感覚障害や耳鳴りはあったが、検診を受けそれが水俣病の代表的症状と知ったのは提訴直前。症状が明確だったこともあり、第1陣に入った。

 「チッソと、被害拡大を防がなかった国や熊本県に心から謝ってほしい」。男性が裁判にかけた思いだ。しかし今回の救済策は「水俣病問題の最終解決」を掲げ、男性には一時金などで過ちにふたをしようとしているようにも映った。「被害者の命が軽んじられていることが悔しい」。総会後、男性は語った。

 水俣市の南アユ子さん(66)は採決を棄権した。国は当初、チッソが水銀排出を止めた1968年までに救済対象を限った。2月の和解協議で子どもが母胎内にあった期間を考慮し「69年11月生まれ」まで延ばすことになり69年6月生まれの次女(40)は救済対象になった。

 だが、出生年で救済から漏れる可能性のある原告はまだ12人いる。「裁判を闘ってきたのは全員救済を求めるため。子供たちの代がすべて救われないのでは支援者にも申し訳なく、賛成できなかった」

 一方、別の第1陣原告の男性(75)は賛成に手を挙げた。患者会の原告2123人中、既に55人が亡くなった。「和解を拒否して判決を待てば、亡くなる会員も増える」と。

 前回95年の政治決着時、男性は水俣市内にあるチッソの取引先会社に勤めていた。救済対象者を判定する検診当日、会社に「検診に行く」と言い出せなかった。悔しさが募り、不知火患者会の提訴を聞いて自ら加わった。

 何度も法廷に出て、解決を訴えるビラ配りもした。今回の救済内容に、完全に納得しているわけではない。しかし「ようやく和解にこぎ着けた。判決を待てば、私も生きているか分からない。ここで決着するしかない」。苦渋の決断を語った。

 ◇「まだ油断できない」…関西の原告ら思い複雑

 今回の和解案受け入れについて、大阪地裁に同様の訴訟を提訴している「水俣病不知火患者会」近畿支部の浦田建国(たてくに)支部長(69)=大阪府岬町=は「和解案受け入れは評価したい。しかし大阪地裁ではまだ和解勧告が出ておらず、国が相手なので油断できない」と話した。

 一方、現在も行政上の患者認定を求めて熊本地裁で係争中の川上敏行・水俣病関西訴訟原告団長(85)=東大阪市=は「最高裁判決では患者と認められたが、行政は40年間も放置した。患者と認めてほしいという訴訟を起こした意味を考えると、今回の金銭での和解には割り切れない思いもある」と語った。【日野行介】

【関連ニュース】
水俣病:29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定
水俣病:未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ
水俣病損賠訴訟:和解案、チッソも受け入れ
水俣病:不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相

<茨城遺棄>遺体の身元判明 油で焼かれ切断(毎日新聞)
「レジ、オープン」英語講師、コンビニ強盗容疑で逮捕 (産経新聞)
NYT社がシンガポール首相らに謝罪 合意違反の記事掲載で1千万円支払い(産経新聞)
鳩山首相秘書の初公判 勝場被告、起訴内容認める(産経新聞)
執行部批判の閣僚らけん制=「与党議員たる認識甘い」−小沢民主幹事長(時事通信)

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
リンク
クレジットカード現金化
競馬情報
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ショッピング枠現金化
パチンコ攻略
selected entries
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM